ノンバンク系のビジネスローンの金利は消費者金融とあまりかわらない。

ノンバンク系のビジネスローンは短期的な資金を緊急的に都合をつけるために借入できるようになっているものですが、

金利面では実はそれほど消費者金融とかで借入するものとは代わりがありません。

大手の会社を見ていても上限はおおよそ18パーセント付近であり、加減についても

上限金利によりますが、適用金利は換わらないのが通常です。

どうしてこうなっているのだろうかと感じますが、基本的には事業用資金であることから、安定した返済が怪しいということと

借入のしやすさ、保証人の生むという観点から金利面は基本的に多く出来ないといったところが原因だと思われます。

ですので、通常の事業用ローンよりも金利設定は高いというわけなのです。