カードローンの審査や更新、2017年に変化が

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行がカードローンに対して、業界の自主ルールで規制を行うといったニュースをご存知でしょうか。

これはこれから借りている人だけでなく、今借りている人にとっても非常に大きなニュースになります。

何故この様な自主ルールを突然メガバンクは打ち出したのでしょうか。

それには金融庁の実態調査が影響していると思われます。

金融庁は銀行カードローンが総量規制の様に法律で縛られていなく、結果利用者に対して銀行が過剰融資を行なっている事を好ましく思っていません。

恐らくは金融庁の実態調査及び検査で過剰融資との判断がなされ、各銀行に対して対策を求められたのでしょう。

自分はメガバンクのカードローンじゃないから、もうカード作ってしまっているから関係ないよねと思ってる人は甘々です。

先にも上げた様に金融庁は現状、銀行が利用者に対して過剰融資を行なっていると考えていますので、この動きは他の地銀やネット銀行にも波及していきます。

更には既にカードを作っている人も、更新年月は大体1年間ですから更新の際の再審査で限度額減少を求められていく可能性が高いと言えます。

現在銀行カードローンを組んでる人も、これから組もうと思っている人も上記の様な事が起こってくるのはすぐそこですので、今から少しずつでも借金額を減らすなど対策を行なっておいた方がいいでしょう。