カテゴリー: 利息について

無利息カードローンとは

個人向け融資に銀行が参入するようになり、消費者金融各社は金利やインフラで負ける中どのようにして顧客を集めるかが重要になってきました。

そこで増えてきたのが無利息カードローン、所謂「ノーローン」です。

ノーローンを簡単に説明すると「一定条件の元で利息を0にする」という物で、最近ではどこの消費者金融も取り入れています。

その際に条件として多いのが「初めての利用」で「一週間のみ」という物です。この条件は本格的に借り入れを行う人向けではなく初めての人向けにお試しとして提供する意味合いが大きい形です。

ただ力を入れていたり一つの売りとして設定している企業であれば低額ながら半年間の無利息期間を定めたり、借り入れのたびに何回も無利息期間が訪れるローンなどもあります。

この無利息ローンは上手く使えば銀行系カードローンよりも支払額を抑える事が可能ですが、無利息期間を設定している商品の多くは元となる金利が高めに設定されており長期的な返済となると、やはり初めから金利が低い銀行系の方が良いという結果になる事が多いです。

なので短期間の利用であれば無利息ローン、長期返済計画であれば銀行などの低金利のカードローンとうまく使い分けましょう。

カードローンの無利息期間の注意点

キャッシングやカードローンを利用する場合、有効に活用したいのが無利息期間です。その期間はなんと金利ゼロ、つまり無利息で融資可能です。その期間なに返済してしまえば、借りたお金以上には返済義務はありません。こんなお得なサービスは絶対活用すべきですよね。

せっかくよい付帯サービスなので、上手に活用したいところです。この無利息期間を活用するにあたり、一つ注意点をお教えしておきます。この無利息期間の利用開始パターンです。実は大きく分けると、2つあります。無利息期間の開始が、契約日の翌日から始じまるところと、借り入れ日から始まるところです。

たとえば、1月1日に契約をして1月5日に融資を受けたとすると、契約日翌日から30日間だった場合は、日1月2日から30日間となります。一方で借り入れ日から30日間の場合、1月5日から30日間となります。つまりもし契約日と借り入れ日がちがえば数日間かわってくることがあるので注意が必要です。ポイントとしてはもし契約日からであればできるだけ間があかないほうが期間が長いですね。