タグ: サラ金

レイクは総量収拾対象外

レイクというとサラ金財政大手の4番目か5番目に位置する準有名かなといったイメージがありませんか。本当はレイクは昔は外資賭け集まり関与のサラ金でしたが、新生銀行が買収した事により銀行系カード貸付仕事に業態がかわっていらっしゃる。
何が違うのかというと、非常に大きな理由を持ちます。それは総量規制の対象外となる事です。
総量規定は年収の3分の1以上の分割払いを行えないといった制度ですが、これは貸金業法に判定されるサラ金企業のみに適用されます。それに対して、銀行系カード貸付は銀行法が適用されますので、総量規定の対象外になるのです。同じ仕事をしているのに規定が違うって興味深いですね。

総量規定一杯まで借用を行ってしまった人様は、一縷の望みをかけレイクに頼ってみるといいかもしれません。

サラ金的キャッシングについて

キャッシングの当事者確認は、タイミングが合わないと確認することができない結果、延々と電話を浴びることになります。TELだと、着信軌跡などが多くなって差し障りになりますし、お家の呼び出しは他の方に気づかれることがあります。なるべくそのようなことが起こらないように、自分が立てる季節を伝えて、1回で片付けることが大事になります。
伝えられないようにはしていないので、基本的には呼び出しの立てるひとときを伝わるはずです。依頼の際に、こういうひとときが空いているかチェックして下さいという詳細が見て取れる場合もあり、それを利用すると連絡する季節を指定することができます。後は連絡が来るのを待てばいいですが、なかなか出られないような状態なら、無理をして見つかる必要はありません。1日後に更に連絡を行ったり、1タイミング状況テンポをあけてから再び連絡を入れてくれる。
当事者確認が行われないことには、キャッシングを利用することはできません。丸ごと放置をしていると審査に落っこちることになりますので、自分が立てる季節を伝えて、そのひとときに連絡を入れて下さい。スペシャルしなかった事態、最短で連絡を入れてくるので、出られないこともあります。